トップページウエイトトレーニングとは何か

ウエイトトレーニングとは何か

 ウエイトトレーニングという言葉を聞いたことがある人は多いと思います。それでは、みなさんはウエイトトレーニングが何であるかを説明できますか。なかなか難しいかもしれませんね。ふつうのトレーニングとウエイトトレーニングとはどこが違うのでしょうか。この違いを知っておくと効果的にウエイトトレーニングをすることができます。ウエイトトレーニングをする場合には正しい理解が肝心です。むやみにウエイトトレーニングをしていてもいけません。人間の筋肉には発達するための法則があります。この法則を理解すると正しいウエイトトレーニングをすることができます。しかし、ジムでも間違ったウエイトトレーニングをしている人が多いですね。わたしはよくジムに通っています。そこでは正しいウエイトトレーニングの方法を説明しています。意外と何もしらずにウエイトトレーニングをしている人がかなりいますので驚きです。
 そこでまずはウエイトトレーニングとは何であるのか理解しておくことが肝心です。ウエイトトレーニングのウエイトとは重さのことです。ウエイトトレーニングとは重さをかけてトレーニングする方法なのです。こうした情報をこのページで説明します。ふつうのトレーニングでも筋肉に刺激を与えることができます。たとえば、毎日ジョギングなどをしていると脚の筋肉を刺激することができます。しかし、ふつうのトレーニングでは筋肉を発達させる効果は限定的ですね。なぜなら、ジョギングを続けていても脚の筋肉が向きムキになるようなことはありませんよね。これはふつうのトレーニングに筋肉を発達させる効果が少ない証拠です。そこでウエイトトレーニングが活躍しますね。みなさんもウエイトトレーニングを知ってください。
 ウエイトトレーニングとは重さをかけて筋肉をトレーニングする方法です。筋肉は通常以上の重さをかけることによって大きく発達する性質をもっています。この重さのことを負荷といいます。ウエイトトレーニングでは筋肉に負荷をかけるといいます。負荷をかけてトレーニングをすることによって、筋肉は大きく発達するのです。だから、ウエイトトレーニングではダンベルなどの重いものをもってトレーニングするのです。ふつうの生活ではあのような負荷を筋肉にかけることはありません。また、ふつうのトレーニングでは大きな負荷を筋肉にかけることはありません。だから、ウエイトトレーニングではない場合には筋肉がムキムキになることはありません。ウエイトトレーニングをする場合にだけ筋肉が発達します。つまり、ウエイトトレーニングとは筋肉を大きく発達させるための負荷をかけるトレーニングだといえます。
 最近では家庭でかんたんにできるウエイトトレーニング用の道具も多いですね。ジムにひんぱんに通えない場合にはこうした道具を利用することもおすすめです。ウエイトトレーニングをする場合にはまずは正しい方法を知ることが肝心です。みなさんもこのサイトでウエイトトレーニングの方法をしっかりと理解してください。

ウエイトトレーニングで健康な身体をつくろうTopに戻る