トップページウエイトトレーニングをする目的

ウエイトトレーニングをする目的

 みなさんはウエイトトレーニングに興味はありますか。ウエイトトレーニングに興味がある人はスポーツをしている人が多いですね。最近では中学生のころからウエイトトレーニングをする場合もあります。スポーツの世界では少しでもよい成績を出すためにいろいろな方法を使っています。その方法のひとつがウエイトトレーニングですね。わたしも体育系の大学を卒業しましたのでウエイトトレーニングの重要性をよく理解しています。そこでみなさんにこのサイトではウエイトトレーニングに関する情報を紹介していきます。ウエイトトレーニングには多くの方法やルールがあります。身体に大きな負荷をかけるトレーニングがウエイトトレーニングです。だから、正しいやり方でウエイトトレーニングをすることが大切です。ウエイトトレーニングでケガをする場合もありますので、しっかりとやり方を学習しましょう。
 このページではウエイトトレーニングをする目的を説明します。ウエイトトレーニングの目的をきっちり理解しておくと、ウエイトトレーニングの方法だって変わります。みなさんにはウエイトトレーニングの目的を紹介しようと思います。まず、ウエイトトレーニングの大きな目的のひとつが身体の筋肉を発達させるという目的があります。スポーツをする場合にはよい成績を残したいものですね。スポーツでは大きな力を発揮することが肝心になります。野球やサッカーの場合には、ボールを強い力で飛ばす力が大きな重要な部分になります。ゆるいボールでは得点になりません。そこでスポーツ選手は大きな力を出せるように努力をします。走りこみなどは体力をつけるためのトレーニングですね。いくら、たくさん走りこみなどをがんばってもボールの速度は変わりません。ボールの速さや威力をアップさせるためには筋肉を発達させることが肝心になります。大きな力をボールに与えることで威力がアップするということが物理の法則です。ここでは人間が発揮する力の量が関係します。
 ウエイトトレーニングをすることによって筋肉量が増加します。すると、人間は大きな力を発揮することが可能になります。年齢とともに筋肉量は増加しますが、高校生のころからは増加量が減ります。そこで自分で筋肉の量はアップさせる努力が重要になってきますね。ウエイトトレーニングをする目的のひとつは筋肉の量を増加させて、スポーツでよい成績を出すことですね。最近ではスポーツも科学的になってきています。しっかりと効果的なウエイトトレーニングの方法を理解することがライバルに勝利するためのコツだと思います。ウエイトトレーニングを知ることでスポーツで活躍することが可能になります。
 また、ウエイトトレーニングには身体を健康にする目的もあります。人間は高齢になるとだんだんと筋肉の量が減少します。筋肉とは人間の身体を支えているものです。この重要な筋肉が減少することによって、人間の身体にはいろいろな障害が発生します。たとえば、腰痛などはそのひとつです。腰痛では筋肉量の減少が原因のひとつです。だから、ウエイトトレーニングで筋肉をつけることによって、身体を健康にすることができるのです。こうした内容がウエイトトレーニングの目的でもあります。現代では平均寿命がアップしています。だから、高齢者になっても健康で生活できることが大きな目的です。みなさんもウエイトトレーニングをしっかりと理解して、生活の質を向上させましょうね。

ウエイトトレーニングで健康な身体をつくろうTopに戻る