トップページウエイトトレーニングの方法ふくらはぎ

ふくらはぎ

 ふくらはぎのウエイトトレーニングに関心がある人はいますか。ふくらはぎはあまり意識のする部分ではありません。しかし、下半身の筋肉をうまく鍛えることはスポーツをするうえで重要なことです。そこで、ここではふくらはぎを効果的にウエイトトレーニングする方法を紹介します。ふくらはぎを発達させると瞬発力が上昇します。大きな力を発揮できる部分ですので、とくに走るスピードをアップさせたい場合にはしっかりと確認をしてください。
 ふくらはぎをウエイトトレーニングする場合にはチューブトレーニングをおすすめします。チューブトレーニングはゴムのチューブを活用してトレーニングする方法です。ゴムのチューブはジムなどで販売されています。このチューブは専門のものを利用することがよいですね。なかには自転車のチューブを利用する人もいますが、自転車のチューブはやわらかいものが多いので負荷の面でトレーニングに向いていません。チューブトレーニングをする場合には専門のものを利用することがよいですね。チューブトレーニングをする場合にはイスなどの動かない家具を利用します。これらの家具にチューブの片方を結びます。反対側のチューブはかかと部分に通すようにします。このような体勢でふくらはぎをトレーニングします。
 ふくらはぎに負荷がかかるようにチューブを動かします。このとき、あまりうまくチューブトレーニングできない場合には、長めのチューブを利用することがよいですね。チューブトレーニングでは10回前後を基準に鍛えることがおすすめです。瞬発力をアップさせたい場合には速く動かす意識でチューブトレーニングをすることが効果的です。トレーニングをする場合には速度の問題が重要になります。ゆっくり鍛えると速度のゆるい筋肉になります。速い筋肉をトレーニングする場合には、速くトレーニングをすることが重要ですね。しっかりと確認をしてほしいと思います。

ウエイトトレーニングで健康な身体をつくろうTopに戻る